子供運動不足 悪影響

子供の運動不足が生み出すさまざまな悪影響

また外で元気に遊びまわっている姿を見掛けることも少なくなりました。

 

交通事故の心配や子供を狙った犯罪が少なくないことなどから子供を外で遊ばせる親が少なくなりつつあるといった事情もあるのでしょうが、何となく寂しい気がします。

 

 

体力・運動能力は低下し体格はアップしている

 

こういった状況は決して良いことではありません。

 

その証拠に、近年は子供の運動不足が大いに問題となっているのです。

 

文部科学省が毎年行う「体力・運動能力調査」では、昭和60年ころからずっと低下し続けて現在に至っているのです。

 

その一方で身長や体重などの体格においては現在のほうが上回っています。

 

体格は良くなったのに体力や運動能力は低下しているこの状況は、子供にとっても親や社会にとっても非常に深刻な問題です。

 

では、体力や運動能力の低下が与える子供への悪影響にはどんなものがあるのでしょうか。

 

 

体力の低下は病気のリスクを高め活力の低下を招く

 

まず肥満や生活習慣病のリスクが高まります。

 

生活習慣病は以前は「成人病」といわれていたように中高年に多く見られた疾患ですが、近年は子供にも多く見られるようになっているのです。

 

子供の運動不足により1割以上の子供が肥満状態といいますし、そのまま放っておくと糖尿病や脂質異常症、高血圧などになる危険性があります。

 

 

次に、人間の活動の源である体力が低下するということは活力がなくなるということです。

 

前述したように「だるい」「疲れた」「面倒くさい」という子供が増えているのは、運動不足により子供たちの意欲や気力が低下しているのが原因なのです。

 

また、意欲や気力が低下すると集中力も低下してしまいます。

 

集中力が低下すると勉強しても身につきませんし、長続きしません。

 

小学生低学年でも、午前中の授業中に体力がないために疲れて寝てしまう生徒も珍しくないといいます。

 

 

運動不足は社会全体にも影響を与える

 

そして、さらには社会全体の活力をも低下させてしまいます。

 

子供の運動不足によって社会全体の活力が低下するというとちょっと結びつかないという人もいるかもしれませんね。

 

しかし、これは将来的な問題なのです。

 

生活習慣病やストレスなどの負担に対しての抵抗力が少ないために心身の健康に不安を感じる人が増えることでしょう。

 

すると社会全体の活力は下がってしまいますし、病気になりやすいので医療費がかさみ、社会保障コストが増加します。

 

今でさえ子供世代が大人になった時の負担が大きいのに、その上に自分たちの負担分がさらにのしかかってくることでしょう。

 

 

大人が率先して運動不足の解消をしよう

 

このように子供の体力や運動能力の低下は現在から将来に掛けてさまざまな悪影響を及ぼします。

 

これらを解消するためには、とにかく体を動かすことが肝心です。

 

子供だけで体を動かすことを始めるのはなかなか難しいですし、それを習慣づけることはさらに困難です。

 

したがって、親や大人が率先して子供の運動不足を解消できる方法を模索し実行することが必要なのです。